FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語が苦手な女子対策

いよいよ10月になりました。
授業後に渡す報告用紙にも「あと3ヶ月!」と書くことで受験生のみんなには気合いを入れています。(笑)
でも後3ヶ月でお別れか、、と思うとちょっと寂しい、、。(笑)

ここのところ同じようなケースのお電話がありました。
「過去問題の算数はできるのに国語の点数がとれない。」
「公開テストは順調なのに志望校別のテストになると点数がとれない。」

どちらも上位クラスの賢い女子の受験生のご相談でした。
この時期に各塾で過去問を解く指導が始まります。
公開テストなどでは点数が取れているので安心していたのに
実際に過去問題を解きだすと点数がとれないのはよくある話です。

お母さんはいつものように遅くまで勉強している姿を見ている分、塾の宿題もきちんとこなしているのに
どうして国語だけ点数がでないのかとやきもき、、。
女子の場合はある程度男の子よりも精神年齢が高い分センスだけで問題を解いている子が多いのです。
そして自分の考えもしっかりしています。
そして口もたちます。(笑)
女子の場合は特に「心を開いてもらう」ことからスタートします。
私はこの文章を読んでこう考えたのにどこが間違っているの???
とカチコチに固まった頭をやわらかくしてもらうところからスタートです。
先生というよりは「ちょっと年のいっている話せるお姉さん?」
かなり無理はありますが、、、。

いろいろと答案用紙を見ながら彼女達の考えを聞いていると確かに間違いではないんですね。
読み取り方がずれているんです。
だからこそややこしい。(笑)

そのずれているところを彼女達のプライドを尊重しつつ指摘し、ズレを直す。
整体師のような気持ちです。
これは1対1での指導だからこそできることです。

私が集団授業での指導で痛感したのは授業では一方的に筆者の考えを言い聞かすことしかできません。
子供ひとりひとりの意見を聞いていたら60分では時間が足りません。。
おそらく集団授業というスタイルを取る限り講師は文章を読んで筆者の考えを伝えて問題を解くしかできません。
ただ国語はマンツーマンで子供の考えを聞いて一つ一つ間違いを直していかないと国語は伸びないから個別指導にこだわりました。

とくに女子は5年6年になると難しいお年頃。
今日も整体師のように一人一人の頭を心をほぐしていきたいと思います。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

 おまかせ受験国語や小学館でもおなじみの受験国語のパティ先生

  • Author: おまかせ受験国語や小学館でもおなじみの受験国語のパティ先生
  • ラルース学院とは中学受験国語専門塾です。 東京校は渋谷から5分三軒茶屋。大阪 神戸から15分西宮校。少人数限定の集中指導!!中学受験の国語塾で絶対合格!!パテイ先生とは「おまかせ受験国語1.2」や小学館「小学6年生」の東大合格のためのカリスマ国語講師。ドラえもんの国語教材「ドランプ」を監修する。灘中.甲陽学院中.神戸女学院中などの難関校合格者を多数輩出。 たった1ヶ月で.順位が1096番から230番になど驚異的な実績。ラルース学院  西宮市戸田町5-31セレニテ西宮201 電話0798-22-0913(14時以降) 阪神西宮駅より徒歩3分 〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-4-16
    アーバンステージ三軒茶屋 2F
    Tel:03-5779-7918

    お問い合わせメール:info@laluz.co.jp
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。